ろう者聖書学校

 

新しい ろう者聖書学校の特徴

 授業は月曜日の祝日を利用した、土・日・月の3連休に「集中講義」形式で行われます。そのため,現在お仕事をお持ちの方でも、授業を受けることができます。
 
 授業は全国のろう者伝道をしている教会を会場にし、毎回違う教会で授業を行います。ろう者伝道をしているいろいろな教会を訪問することができ、多くのろう者の兄弟姉妹と交わることができます。
 
 いままでの聖書学校では、健聴者の先生の講義を手話通訳を介して教えることが多かったのですが、新しい聖書学校では、手話で直接教えます。ろう者の皆さんにも分かりやすく、より深く理解できる授業になることと思います。
 
 ろう者聖書学校はろう者の皆さんのための学校です。全国のろう者が集まる全国ろう者聖会は、ろう者聖書学校の入学卒業式としてもっともふさわしい場所です。献身者は全国のろう者の前で祝福され、祈られて学びを始め、全国のろう者に認められてろう者教職としての歩みを始めることになります。

  

カリキュラム

 修業年限は 3 年間とし、60単 位 の 修 得 をもって修了とします。集中講義において36単位を修得し、実習において24単位を修得します。

必要単位(60単位)
※( )は単位数

聖書学(16)

神学・実践神学(12)

一般教養(8)

実習(24)