i-class course

通信科

■伝道者コース
■教会献身者コース

通信科のビジョン

 中央聖書神学校通信科は、献身を志していながら諸般の事情によって東京・駒込にあるキャンパスに入学することが出来ない人々のために開講された神学教育機関です。
 
 学生は、ビデオ収録された本科の授業を、インターネットを通して自由な時間に受講する事ができます。通信科のカリキュラムには、インターネット授業だけではなく人格的な交流と実践訓練のために、必修単位として本校での短期スクーリング、それぞれの地域における実習、インターンも含まれています。また、霊的な養いのため、本科チャペルを収録した教師たちのメッセージにも自由にアクセス出来ます。

 通信科には教団の教職を目指す「伝道者コース」、現教団教職者のための聴講制度である「生涯学習コース」があります。
 また、信徒の方々のために、所属教会での献身を目指す「教会献身者コース」、教会奉仕者として学びを深めるための信徒聴講制度(1科目1万円)など、多様な学びの機会を提供しています。

 

学制

 学期は1学期(4~7月)、2学期(8~11月)、3学期(12~3月)に分かれて各学期毎に最低4単位づつ取得していくことが義務付けられます。
 1月、2月には本科ブロックコース、又はスクーリング(1~2週間)を取得します。

 

カリキュラム
<伝道者コース>

 伝道者コースの授業は、担当教師とメンターによる指導のもと、課題提出及び試験により単位を取得します。
 入学から最短 3 年、最長 6 年で卒業する必要があります。コース修了者にはディプロマが授与され、教団の補教師学科試験が免除されます。

必要単位(72単位)
※( )は単位数

聖書学(18)

神学と歴史(18)

実践神学(18)

選択科目(10)

スクーリング(6)

実習[日曜派遣・インターン](6)

  • ・日曜派遣期間は半年とし、4教会(2年間)です。
  • ・インターン期間は、3ヶ月~1年です。
  • ・派遣教会は通信科主任、メンターの協議のもと決められます。
  • ・インターンは履修単位が50単位以上で開始できます。

 

<教会献身者コース>

 教会献身者コースの授業は、所属教会牧師の指導のもと、課題提出及び試験により単位を取得します。
 入学から最短3年、最長 6 年で卒業する必要があります。コース修了者には修了証が授与されます。

必要単位(66単位)
※( )は単位数

聖書学(18)

神学と歴史(18)

実践神学(18)

選択科目(12)

一日の学習時間モデル

 1ヶ月に1科目(2単位)を取得することが、3年での卒業目安です。1科目は20時間前後の講義視聴と課題提出および試験となりますので、日々の計画的な学習が必要です。
 科目終了時に行う試験は、教務と時間を調整しメールで送られてきた試験問題に解答します。